関東での日帰り山コンについて

マイカー派か、電車&バス派か。
登山家の中でも大きく二つに分かれると思います。それぞれにメリットがありますが、マイカー派が車で移動する際の一番のメリットは、好きな時間に出発できるということでしょうか。日帰り登山の可能性がぐっと広がります。24時間を自由に使えますので。

一方、電車&バス派の公共交通機関を利用した登山の一番のメリットが、ピストン登山じゃなくても良い、つまりは出発地と到着地が一致しなくても良いということではないでしょうか。縦走し放題です。

マイカーでの登山は、登山口近くに車を駐車して、登山を楽しんだ後は、また同じ登山口まで下りてきて車をピックアップしなければなりませんよね。デメリットと言うほどのことではありませんが、このような行動制限があります。

ところで、反対に公共交通機関を利用する際のデメリットは、もちろん皆さんがよくご存じの電車&バスの時間による制限です。

冒頭の写真は、私が2018年に公共交通機関だけを使って「上州武尊山」に登った際の朝のホームで撮ったもの。マイカーで前日夜に出発できる皆さんを羨ましく思います。帰りのバスや電車の時間も気になりますしね。下の写真が、当日の往路の最寄りの駅から水上駅までの電車のルートと時間です。厳密には、原宿駅は最寄りではないのですが、最寄りの私鉄の駅の始発はもっと遅いので、原宿まで40分ほど歩いて乗りました。

首都圏(東京、千葉、神奈川、埼玉)に住んでいる方で、日帰り登山をしようと思うと、やはりこの群馬県にある「上州武尊山」などが限界ではないのでしょうか。福島県の安達太良山もギリで日帰り登山で行けると思いますが。

ただ、時間もタイトですし、急いで登って下りての慌ただしい登山になるので、プライベートで行くことはあっても、山コンのイベントでこれらのコースを選ぶことはありません。
山コンでは、関東で日帰りで楽しめる登山合コンを開催しています。東京、神奈川、埼玉、山梨がメインですね。おおよそは、下記のエリアとなります。

・高尾エリア
・奥多摩エリア
・丹沢エリア
・秩父エリア
・山梨エリア

いつか、日帰りでギリギリ攻められる登山を、山コンのイベントでも開催してみたいなと思いつつ、難易度が上がってしまうことを懸念して、実行できずにおります。

参加社の皆様からも、関東での山コンについて、ご意見やご希望等ございましたら、いただけますと幸いです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中